近江 下八木城



お城のデータ
所在地 滋賀県長浜市下八木町
遺 構 なし。
形 式 平城 築城者: 大橋氏 築城年代: 不明


見 ど こ ろ

 下八木城は、下八木地区の日吉神社境内に隣接する北側の一角が城跡で、資料には「安芸法眼邸」・「安芸式部殿邸」とも記載されている。

 往時には西屋敷を伴った二つの曲輪からなり、周囲を堀が囲繞していたとか。 城跡にたつ子孫の方の宅地内に「浅井家臣安芸守清定邸址」と刻まれた石碑が立てられいた。


歴     史

 下八木城は、築城年代は定かでないが大橋氏によって築かれた。 大橋氏は、近江源氏山本判官義弘の末裔と伝えられ、戦国時代には浅井氏に使えた。 天文17年、大橋清定は讒言により浅井久政の命にて切腹したという。 清定の子秀高は、天正元年に小谷城落城の際して大嶽城にて討死にしている。


お城へのアクセス
鉄 道: JR北陸本線長浜駅〜バス/びわ市場前〜バス/下八木
 車 : 北陸道長浜IC〜国道8号線〜県道254号線
駐車場: 下八木会館の無料駐車場を利用。


ひとくち MEMO
子孫宅の庭に立派な石碑が立てられているお城。

滋賀県のお城
一覧表へ
トップページへ

近畿のお城
滋賀県京都府大阪府兵庫県奈良県和歌山県