常陸 下妻城



お城のデータ
所在地 茨城県下妻市本城町
遺 構 土塁
形 式 平城 築城者: 多賀谷氏家 築城年代: 享徳3年


見 ど こ ろ

 要害の城、下妻城も今では、下妻市役所前にある多賀谷城址公園に僅かに土塁と案内板があるだけ。 往時を偲ぶことすら出来ない。

 資料を見ると、下妻城(多賀谷城)は、東に小貝川、西に鬼怒川、北に大宝沼に三方を囲まれた天然の要害の地に築かれた、堅固な縄張りの城であったことが分かる。 しかし、今では住宅地の中にある小さな公園となってしまった。 


歴     史

 下妻城は、別名多賀谷城とも云い、享徳3年に古河公方足利成氏の命により、関東管領上杉憲忠を討った功により、この地を与えられた、多賀谷氏家によって築かれた。

 その後、天正18年には、多賀谷重経は豊臣秀吉より下妻6万石を安堵された。 しかし、慶長5年の関ヶ原では、佐竹義宣に従って西軍に与したたため改易となり、佐竹氏に従って出羽へと移った。

 慶長11年に徳川頼房が10万石で入封したが、慶長14年には常陸水戸へ転封となる。 その後、直轄領・松平忠昌・松平定綱・直轄領と変遷して、正徳2年に井上正長が新封1万石を賜り、以後井上氏が代々居城して明治に至った。  


お城へのアクセス
鉄 道: 関東鉄道常総線下妻駅〜徒歩5分
 車 : 常磐道谷和原IC〜国道294号線〜国道125号線
駐車場: 多賀谷城址公園の無料駐車場を利用。


ひとくち MEMO
天然の要害の地に築かれたが今では住宅地にある小さな公園となったお城。

茨城県のお城
一覧表へ
トップページへ 下妻市のHPへ

関東のお城
茨城県栃木県群馬県千葉県埼玉県東京都神奈川県