下野 植野城



お城のデータ
所在地 栃木県佐野市植下町
遺 構 移築門
形 式 平城(陣屋) 築城者: 堀田正高 築城年代: 貞享2年


見 ど こ ろ

 植野城は、陣屋構えの城だ。 現在は、城跡一帯が住宅地と水田となっていて、城の遺構は移築門以外何も残っていない。

 植野城は、単郭の縄張りで周囲で堀が囲み、東に向かって大手を設けてた縄張りとなっていた。 往時も城の鬼門に置かれた稲荷神社が今もその場所に祀られている。 この堀田稲荷神社の直ぐ北側の民家前に城碑と城郭図が彫られた碑が建てられていた。


歴     史

 植野城は、貞享2年に堀田正高によって築かれた。 正高は、大老堀田正俊の三男で兄正仲より佐野植野1万石を分知され陣屋を築いた。 元禄11年に近江堅田へ転封になり陣屋は廃された。

 文政9年、6代堀田正敦は近江堅田より佐野13,000石を領して、陣屋を再築城した。 正敦は、寛政の改革に若年寄として手腕を振るい、その功により文政12年に3,000石を加増され城主格となったことにより、陣屋も植野城に格上げとなった。


お城へのアクセス
鉄 道: 東武鉄道佐野線田島駅〜徒歩10分
 車 : 東北道佐野藤岡IC〜国道50号線/植下町〜市道
駐車場: なし。


ひとくち MEMO
陣屋構えのお城にあった稲荷神社が今も変わらぬ位置に祀られている・・・。
  • 植野城城門の移築先
    東光寺 : 栃木県佐野市寺中町

栃木県のお城
一覧表へ
トップページへ

関東のお城
茨城県栃木県群馬県千葉県埼玉県東京都神奈川県