下野 勝山城



お城のデータ
所在地 栃木県さくら市氏家1323
遺 構 曲輪、土塁、空堀
形 式 平山城 築城者: 氏家公頼 築城年代: 建久年間


見 ど こ ろ

 勝山城は、鬼怒川の河岸段丘を要害にして築かれた崖端城で、現在は本丸一帯が城址公園として整備されている。

 勝山城の縄張りは、鬼怒川に面して方形の土塁と空堀に囲まれた本丸を置き、さくら市ミュージアムがあるところが二の丸、更に南側の住宅地が三の丸だ。 本丸北側には、帯曲輪(北二の丸)があり、さらにその北側には空堀が設けられている。

 本丸は、2ヶ所に虎口が設けられ、東側の虎口には木橋が掛けられ、ここを狙って横矢が掛けられる構造になっていた。 これら、本丸の周囲を巡る土塁や空堀は、整備されていることもあるが、なかなか見応えのある遺構だ。


歴     史

 勝山城は、建久年間に氏家公頼によって築かれた。 公頼は、宇都宮城主宇都宮朝綱の子で、鬼怒川左岸24郷を領した。 氏家氏は、鎌倉時代〜南北朝にかけて宇都宮一族の中でも大きな戦功を上げている。

 その後、氏家綱元の時に家系が絶え、宇都宮氏の重鎮飛山城主芳賀高家の子高清が城主となった。 氏家芳賀氏は、以後飛山城と連携しながら、宇都宮氏の北の守りを固め、那須氏と戦っている。

 慶長2年、宇都宮国綱が秀吉によって改易された時、宇都宮一門一族全て追放となって勝山城も廃城となった。


お城へのアクセス
鉄 道: JR東北本線氏家駅〜バス/勝山公園前
 車 : 東北道宇都宮IC〜国道293号線〜国道4号線〜県道125号線
駐車場: 勝山公園の無料駐車場を利用。


ひとくち MEMO
宇都宮氏の北を守った氏家一族の拠点となったお城。

栃木県のお城
一覧表へ
トップページへ さくら市のHPへ

関東のお城
茨城県栃木県群馬県千葉県埼玉県東京都神奈川県