備前 下津井城



お城のデータ
所在地 岡山県倉敷市下津井
遺 構 天守台、曲輪、石垣、土塁、堀切、移築城門
形 式 平山城 築城者: 宇喜多直家 築城年代: 文禄3年


見 ど こ ろ

 鷲羽山と瀬戸大橋と瀬戸内海に浮かぶ島々、こんな絶景を下津井城跡から満喫することが出来る。 下津井漁港から下津井西小学校を目印に、山頂にある下津井城(瀬戸大橋架橋記念園)まで1車線の登山道が通じている。

 城の縄張りは、山頂部の東西に西側から西の丸、二の丸、本丸、中の丸、 東の丸と曲輪が直線的に連なっている。 近世城郭だけに、それぞれの曲輪が石垣造りだ。 本丸には、北西隅に一段高く天守台跡が残っているが、高々と築かれた天守台ではない。

 むしろ本丸よりは、二の丸西側と三の丸南側の石垣群、また、西の丸から二の丸の間と堀切と二の丸西側の虎口付近が近世城郭を堪能させてくれる。 堀切は、三の丸と中の丸の間にも残っている。

 尚、下津井城の城門が、池田由成の天城陣屋近くの正福寺山門として移築され現存している。


歴     史

 慶長5年、岡山城主となった小早川秀秋は、下津井城を本格的な近世城郭へと改築を開始したが、途中病没したため中断した。

 慶長8年、池田忠継が岡山城主となると、赤穂城代だった池田長政に命じて大改築を行い4年後に完成した。

 寛永6年、池田光政が鳥取城からから岡山城へと移封され、米子城主池田由成が32,000石を領して、下津井城主となったが、寛永16年に一国一城令によりとなり、由成は天城に陣屋を構えて移った。


お城へのアクセス
鉄 道: JR瀬戸大橋線児島駅〜下電バス/下津井
 車 : 瀬戸中央道児島IC〜県道21号線
駐車場: なし。


ひとくち MEMO
鷲羽山と瀬戸大橋と瀬戸内海に浮かぶ島々、こんな絶景が見ることの出来るお城。
  • 下津井城の城門移築先
    正福寺 :  岡山県倉敷市藤戸町天城

岡山県のお城
一覧表へ
トップページへ

山陽・山陰のお城
岡山県広島県山口県鳥取県島根県