下総 下高井城



お城のデータ
所在地 茨城県取手市下高井字馬場
遺 構 郭、土塁、空堀
形 式 平山城 築城者: 信太重国 築城年代: 長治年間


見 ど こ ろ

 下高井城は、高井城とも呼ばれ、現在「高井城城址公園」として主郭部のみ保存されている。

 下高井城は、小貝川を北に望む半島状の丘陵上に築かれた城だ。 主郭は、周囲を高さ2m程の土塁がめぐらされた四辺形をしていて、西と南に虎口が設けられ、西の虎口は桝形虎口となっている。 主郭南側と東側には空堀が残る。

 この主郭を中心に北側に二の曲輪、南側に三の曲輪が設けられていて、主郭と三の曲輪のそれそれ東南部に櫓台が残っている。 


歴     史

 高井戸城は、長治年間に信太重国によって築城された。 信太氏は相馬氏を名乗って天正年間まで続き、後高井氏を称した。

 下高井城主高井胤永は、天正18年、豊臣秀吉による小田原城攻めの際に北条方に与したため、小田原落城と運命を共にした。

 高井胤栄の三男胤正の子孫が横瀬保広が在城したと云われているが、詳細については定かではない。   


お城へのアクセス
鉄 道: 関東鉄道常総線稲戸井駅〜徒歩約20分
 車 : 常磐道谷和原IC〜国道294号線〜県道251号線
駐車場: 城址公園の無料駐車場を利用。


ひとくち MEMO
雑木林の中に分厚い土塁と空堀が残るお城。

茨城県のお城
一覧表へ
トップページへ

関東のお城
茨城県栃木県群馬県千葉県埼玉県東京都神奈川県