近江 下坂氏館



お城のデータ
所在地 滋賀県長浜市下坂中町
遺 構 曲輪、土塁、堀
形 式 居館 築城者: 下坂氏 築城年代: 室町時代


見 ど こ ろ

  下坂氏館は、現在も下坂クリニックを営まれてる下坂氏の住居となっていて、城館内への立ち入りは出来ず、クリニックの駐車場にある案内板あたりからフェンス越しに土塁や堀の一部を見ることできる。

 案内板によると『城館の規模は、東西約89m、南北87mの範囲において、高さ約1m〜2m、幅約5m〜約7mの二重の土塁で囲み、幅約5〜約13m、深さ約1m〜約3mの堀が現存している。 主郭は東西約55m、南北42mの内側土塁によって囲まれ、その東北側と南西側には二つの副郭が構築されており、南西側の副郭は一段高くなっており、武者だまりと考えられる。 内側土塁の東側には土塁を切る形で高さ約2m、幅約7mの虎口が開口し、東側の東西約75m、南北45mの規模を持つ腰曲輪へと伸びる。』 


歴     史

 下坂氏館は、室町時代に下坂氏によって築かれた。 下坂氏は、南北朝時代には足利氏側の武将として活躍、下坂庄の地頭職を任じられていた。


お城へのアクセス
鉄 道: JR北陸本線長浜駅〜バス/戌亥口
 車 : 北陸道長浜IC〜国道8号線/下坂中町〜県道244号線
駐車場: 下坂クリニックの駐車場を利用。


ひとくち MEMO
平地の城館遺構が完存しているお城。

滋賀県のお城
一覧表へ
トップページへ

近畿のお城
滋賀県京都府大阪府兵庫県奈良県和歌山県