信濃 下牧古城



お城のデータ
所在地 長野県伊那市西春近字下牧
遺 構 曲輪、土塁
形 式 平城 築城者: 下牧氏 築城年代: 不明


見 ど こ ろ
 
 下牧古城は、下牧地区の東端に位置し、丁度下牧農業研修センター北側の市道を東へ入った正面に土塁と城跡碑が見えている。

 城の縄張りは、土塁と城跡碑がある民家と畑地が主郭で、明治時代まで屋敷地を土塁がコの字型に囲繞していたとか。

 資料に拠れば、この主郭を中心に北・西・南にそれぞれ堀で隔てられた曲輪か配されていたようだが、それぞれの曲輪も宅地化され遺構はないが、主郭北側の民家との間には堀の一部が残っていた。


歴     史

 下牧古城は、築城年代は定かでないが下牧氏によって築かれた。 応永7年の守護小笠原長秀に村上氏ら国人層が叛旗を翻した「大塔の合戦」に守護方に与した伊那衆に下牧尾張守の名が見える。


お城へのアクセス
鉄 道: JR飯田線赤木駅〜徒歩15分
 車 : 中央道駒ヶ根IC〜県道75号線〜国道153号線
駐車場: 下牧農業研修センター脇に駐車スペースあり。


ひとくち MEMO
民家に隣接する畑地の一角に今も土塁が残っているお城。

長野県のお城
一覧表へ
トップページへ

甲信越のお城
山梨県長野県新潟県富山県石川県福井県