上野 下川田城



お城のデータ
所在地 群馬県沼田市下川田町内宿地内784
遺 構 曲輪、土塁、空堀
形 式 崖端城 築城者: 不明 築城年代: 不明


見 ど こ ろ

 下川田城は、利根川右岸の河岸段丘の先端部を利用して築かれ、かつては利根川の渡河点を抑える重要な城であった。

 川田小学校北側にある川田公民館の東側から薬師堂までの一帯が城域で、地形に合わせるように五角形の主郭を空堀が囲繞し、その外側には帯曲輪が北〜東〜南へと設けられ、更に東側に薬師堂のある小曲輪が付随した縄張りだ。 

民家の方の了解を得て、本丸内を探索するが、今も本丸を囲繞する空堀と北西隅には土塁が残り、ここに標柱が立てられていた。 尚、城の案内板が道路に面した民家の塀の内側にあり、もう少しで通り過ごしてしまうところだった。


歴     史

 下川田城は、築城年代は定かでないが、沼田氏の一族川田氏によって築かれたと伝えられている。 川田氏は、荘田城主沼田景久の四男景信を祖とし、景信−信光−信清−信満−光清−光行と居城していたが、天文2年の北条氏による沼田侵攻により滅亡したと考えられる。

 その後、天文年間には山名義季が居城していた。 天正10年、中山城が北条氏に落とされると川田衆が動揺して北条方へ離反する者が増えた責めを負って山名氏は沼田へ移され、替わって禰津幸直が城主となった。 天正12年、幸直は僅か300の寡兵で中山城・白井城から進撃する北条勢を撃退している。


お城へのアクセス
鉄 道: JR上越線沼田駅〜バス/川田学校裏
 車 : 関越道沼田IC〜国道120号線
駐車場: なし。


ひとくち MEMO
五角形の主郭を囲繞する空堀が今も残るお城。

群馬県のお城
一覧表へ
トップページへ 沼田市のHPへ

関東のお城
茨城県栃木県群馬県千葉県埼玉県東京都神奈川県