肥前 島原城



お城のデータ
所在地 長崎県島原市城内1丁目
遺 構 復興天守、模擬櫓、石垣、堀、曲輪
形 式 平城 築城者: 松倉重政 築城年代: 元和4年


見 ど こ ろ

 島原半島の中世城郭を見て歩いてから、この島原城を訪れた。 近世城郭とはいかに堅固であったか、いかに築城に資金と住民の労力をつぎ込んだことか。

 この島原城築城が原因で島原の乱が起きたか、住民の身になれば一揆を起こさ ざるを得なかった気持ちが分かったような気がした。

 現在も本丸・二の丸の高石垣と堀は健在である。 観光用に本丸へ入る道路が付けられているが、本来は二の丸から細い土橋を通って本丸へ入るのだ。 籠城ともなるとこの橋を崩せば、本丸だけでも十分持ちこたえられる縄張りとなっている。

 本丸には、五層の塔層式天守が復興されている他に、 三層の櫓が2基復興されている。

 三の丸は、現在では市街地化しているが、この一角に武家屋敷の家並みが残 っている。 実際に一般公開されているのは2軒だけだ。


歴     史

 元和2年、松倉重政は大和五条二見から4万石で日之江城主となったが、日之江城が南に偏って居るため、日之江・両城を廃城にして、元和4年に島原森岳に築城したのが島原城である。

 この島原城築城の苛酷な夫役・重税とキリシタン弾圧の結果、重政の子勝家(重治)の時、寛永14年に島原の乱が起こった。 この乱の終結後、勝家は責任を問われ切腹し松倉家は断絶となった。

 松倉氏改易の後に、遠江浜松より高力忠房が4万石で入封する。 忠房は、島原の乱後の復興とキリシタン弾圧の強化の使命をおびていた。 寛文9年、2代高長は、暴政を行ったことにより改易され、丹波福知山から深溝松平忠房が65,900石で入封する。

 松平氏は、5代続いた後下野宇都宮に転封し、戸田氏が入れ替わって2代居城するが、安永3年に再び戸田・松平氏は入れ替わり、以降松平氏が8代続いて明治に至った。


お城へのアクセス
鉄 道: 島原鉄道島原駅〜徒歩5分
 車 : 長崎道諫早IC〜国道251号線
駐車場: 本の丸内の有料駐車場を利用。


ひとくち MEMO
地形にとらわれずない幾何学的な縄張りのお城。

長崎県のお城
一覧表へ
トップページへ 島原市のHPへ

九州のお城
| 福岡県佐賀県長崎県大分県熊本県宮崎県鹿児島県沖縄県