大和 信貴山城



お城のデータ
所在地 奈良県生駒郡平群町信貴畑
遺 構 曲輪、石垣、土塁、堀切、空堀
形 式 山城 築城者: 木沢長政 築城年代: 天文5年


見 ど こ ろ

 信貴山雄嶽に信貴山朝護孫子寺の空鉢堂が建っている。 ここまで山腹の毘沙門堂から約20分、ひたすら登る。

 空鉢堂のある場所が、信貴山城の本丸跡で、一段下の腰曲輪に石碑と城の実測図が書かれた案内板がある。

 城は、雄嶽の頂上を起点に放射状に各曲輪が築かれている。 特に、北斜面には、幾つもの削平地が連なり、松永屋敷と称される削平地はかなりの規模だ。 ただ、残念なことに、ほとんどの曲輪(削平地)に植林され、一望に城全体を把握することができない。


歴     史

 天文5年に木沢長政が最初に築き、天文11年には早くも河内太平寺の戦いに際して落城している。

 永禄2年、松永久秀が大和に進入する。 久秀は、信貴山城に入り、この城を今に残るように完成させた。

 久秀は、一時織田信長に臣従するが、再び反旗を翻し信貴山城に籠もる。 織田信忠を大将とした信長の大軍の前に、名器「平蜘蛛の茶釜」と共に久秀は城と共に滅び去った。


お城へのアクセス
鉄 道: JR関西本線王子駅、近鉄生駒線信貴山下駅〜バス
 車 : 西名阪柏原IC〜国道25号線〜県道236号線
駐車場: 信貴山朝護孫子寺前の有料駐車場を利用。


ひとくち MEMO
戦国の下克上の申し子、松永久秀の居城。

奈良県のお城
一覧表へ
トップページへ

近畿のお城
滋賀県京都府大阪府兵庫県奈良県和歌山県