摂津 滝山城



お城のデータ
所在地 兵庫県神戸市中央区城山
遺 構 曲輪、土塁、石垣、堀切、竪堀
形 式 山城 築城者: 赤松則村 築城年代: 南北朝時代


見 ど こ ろ

 新神戸駅北側左手の山が滝山城のある城山だ。 新神戸駅の下をくぐると、直ぐに滝山城址の小さな石碑と縄張り図のある案配板がある。 ここからハイキングコースが整備されていて城山へと登る。(この尾根筋が大手道)

 尾根の中腹部に幾段にも削平された曲輪群があり、所々に土止めの石垣が残っている。 しばらく登ると猿掛け橋・布引の滝方面のへの分岐点。

 この分岐点からハイキングコースは東曲輪群の裾を迂回している。 中央曲輪群までの間に竪堀が数ヶ所、曲輪斜面には土止めの石垣が散在している。

 東曲輪群と中央曲輪群の間は、堀切がある。 この堀底道から一部改変されている虎口を経て、中央曲輪群の内部へと進む。 この曲輪群が滝山城の中核部で曲輪一つ一つが割と広く、周囲には土塁が廻らされている。

 滝山城本の丸は、ハイカーの休憩所があり城内でも一番広い。 西側に櫓台があり、ここに城碑が建てられている。

 本の丸西側には2重の堀切がある。 現在は遊歩道が土橋状になっているが、本来ここに土橋があったのかは定かではない。 堀切を越えた所が西曲輪群で、この辺りは他の曲輪群に比べて削平があまく、赤松氏築城時の姿が今も残っているように思えた。


歴     史
(現地案内板より)

 滝山城は、南北朝時代に赤松円心則村によって築かれ、鎌倉幕府討伐の兵を挙げた則村が、この城を拠点に摩耶山城を前線にして六波羅勢と戦った。

 建武の新政崩壊後、足利尊氏に与した赤松円心の範資は摂津守護となり、滝山城・多々部城で南朝方と対峙した。

 戦国時代、細川氏の守護代であった阿波三好長慶が摂津へと侵攻すると、松永久秀に命じて荒廃していた滝山城を修築させた。
 松永久秀の後、篠原長房が城主となるが、永禄11年織田信長に攻められ落城、滝山城は伊丹有岡城主荒木村重の持城となり、家臣池田泰長が守った。

 天正6年、荒木村重が織田信長に謀叛を起こす。 天正7年、信長によって花隈城共々攻められ落城し、城も廃城となった。


お城へのアクセス
鉄 道: JR東海道本線三宮駅〜地下鉄/新神戸駅、JR山陽新幹線新神戸駅
〜徒歩1分(登城口)
 車 : 阪神高速神戸線京橋IC〜市道
駐車場: 新神戸駅周辺の有料駐車場を利用。


ひとくち MEMO
新神戸駅の裏山にあるお城、帰り道には猿掛け橋・布引の滝経由がお奨め。

兵庫県のお城
一覧表へ
トップページへ 神戸市のHPへ

近畿のお城
滋賀県京都府大阪府兵庫県奈良県和歌山県