備中 妹尾陣屋



お城のデータ
所在地 岡山県岡山市南区妹尾
遺 構 移築陣屋門、井戸
形 式 陣屋 築城者: 戸川安成 築城年代: 寛文9年


見 ど こ ろ

 妹尾陣屋は、現在「陣屋の井戸」が残されているだけで、陣屋の遺構は何もないが、陣屋の門が、明治になって小田県庁門として笠岡市に移築され現存している。

 陣屋跡も陣屋の井戸も住宅地に埋没してしまい判りづらいが、JR妹尾駅前の通りを北へ突き当たりまで進み、右に曲がってすぐ左手に医院があり、この医院の駐車場に「陣屋の井戸」が残されている。

 この辺りからかつては陣屋跡で、裏山には陣屋の見張番所があったところだ。 ここは、現在稲荷神社の境内となっている。 また、近くにある盛隆寺は、戸川家墓所(達安の墓)がある。 


歴     史
(小田県庁門として移築された門)

 寛文9年、戸川安成は兄の庭瀬城主(庭瀬藩)戸川安宣から1,500石を分知され、妹尾に陣屋を築いた。

 妹尾戸川氏は、本家庭瀬戸川家が断絶後も直参旗本として明治まで続いた。 尚、本家は戸川達富が名跡を嗣いで備中撫川5,000石を領した。 戸川氏の分家には、旗本として早島家、帯江家、中庄家がある。

 妹尾戸川氏の家祖戸川達安は、岡山城主宇喜多秀家の重臣で備前常山城主であったが、慶長4年に宇喜多家臣団の権力争いから宇喜多家を退去した。 その後、関ヶ原の戦功により備中庭瀬29,200石を領した。
 


お城へのアクセス
鉄 道: JR瀬戸大橋線妹尾駅〜徒歩約5分
 車 : 山陽道早島IC〜県道152号線
駐車場: なし。


ひとくち MEMO
戸川家菩提寺の盛隆寺裏近くに残る井戸が、ここに陣屋があったことを伝えている。
  • 妹尾陣屋門の移築先
    笠岡小学校 :  岡山県笠岡市中央町(市役所隣り)

岡山県のお城
一覧表へ
トップページへ

山陽・山陰のお城
岡山県広島県山口県鳥取県島根県