和泉 千石堀城



お城のデータ
所在地 大阪府貝塚市名越
遺 構 曲輪、空堀(?)、堀池
形 式 丘城 築城者: 根来・雑賀衆 築城年代: 天正年間


見 ど こ ろ

 千石堀城は、国立療養所千石荘病院の西側丘陵一帯に築かれている。 病院前のバス停裏側の駐車場から西の丘陵に向けて小道がある。 ここを50mほど進むと「千石堀」に出る。 左手の丘陵が千石堀城だ。

 千石堀城の縄張りは、南側の丘陵山頂部に本丸を置き、周囲に二重の空堀を掘り、北側の丘陵とは自然の谷(説明板には千石堀とあった)を利用して堀切としている。 また、近木川を堀とし、対岸には高井城が築かれていた。


歴     史

 千石堀城は、天正年間に紀州根来・雑賀衆によって水間街道を挟んで岸和田城と対峙したときの要害の一つとして築かれた。

 天正5年、織田信長の来攻の時は根来・雑賀衆は城を捨て退散した。 天正13年、豊臣秀吉による根来・雑賀征伐の時には、城将に根来佐太仁が入り良く防戦するが、筒井順慶・堀秀政・大谷吉継らに攻められ落城した。


お城へのアクセス
鉄 道: 水間鉄道名越駅〜徒歩約15分
JR阪和線和泉橋本駅〜水鉄バス/千石荘前(1時間に2本程度)
 車 : 阪神高速湾岸線貝塚IC、阪和道貝塚IC〜府道40号線
駐車場: 国立療養所千石荘病院の来院用無料駐車場を利用。


ひとくち MEMO
国立診療所と背後の丘陵一帯に築かれていたお城。

大阪府のお城
一覧表へ
トップページへ

近畿のお城
滋賀県京都府大阪府兵庫県奈良県和歌山県