陸前 千貫森館



お城のデータ
所在地 宮城県大崎市三本木蟻ヶ袋字混内山
遺 構 曲輪、土塁、堀切
形 式 山城 築城者: 不明 築城年代: 不明


見 ど こ ろ

 
千貫森館は、鳴瀬川南岸に向けて半島状に突き出す丘陵の支尾根先端部を利用して築かれ、現在千貫森桜公園となっていて、城の遺構は比較的確認しやすい。

 城の縄張りは、丘陵頂上部に主郭(浄水設備がある)を置き、南と北の尾根筋に2つの曲輪を配置、それぞれの斜面には幾段かの腰曲輪を設けている。 主郭と南の曲輪との間にある堀切の遺構は、なかなか見応えのあるものだった。


歴     史

 千貫森館は、築城年代や築城者については定かでないが、南北朝時代以前には築かれていたようで、その後早川民部が城主となった。


お城へのアクセス
鉄 道: JR陸羽東線・東北新幹線古川駅〜バス/混内山
 車 : 東北道古川IC〜国道4号線
駐車場: なし。


ひとくち MEMO
眼下に大崎耕土を一望することができるお城。

宮城県のお城
一覧表へ
トップページへ

北海道・東北のお城
北海道青森県岩手県秋田県宮城県山形県福島県