常陸 関 城



お城のデータ
所在地 茨城県筑西市関舘字内舘
遺 構 曲輪、土塁、空堀、坑道跡
形 式 平城 築城者: 関 朝泰 築城年代: 鎌倉時代初頭


見 ど こ ろ

南北朝時代の南朝方最後の拠点関城は、三方を大宝沼に囲まれた堅固な城であった。

 現在の城跡は、民家と畑、水田となっているが、縄張り図を片手に、町内を散策すると、随所に城の遺構を見ることが出来る。

 竹藪の下には船着き場の跡、民家の裏手には土塁と空堀が残り、地区の神社の裏手にも土塁が良く残っている。 城攻めの際に掘られた坑道跡も畑の土手の一角に残っている。 


歴     史

 関城は、鎌倉時代の初頭に結城朝広の4男朝泰が関荘を相続したことに始まり、子孫は代々関氏を称した。

 南北朝の争乱では、関宗祐は南朝方に与して、小田城の開城前には北畠親房を関城に迎えている。 関城は、大宝城下妻城と共に南朝方最後の砦であった。

 康永2年、足利尊氏の重臣高師冬の大軍に攻められ、城はついに落城して、関宗祐も討ち死にした。 この時の城攻めの際に、城内に向けて掘られた坑道が残っている。 


お城へのアクセス
鉄 道: JR水戸線結城駅〜バス
 車 : 東北道佐野藤岡IC〜国道50号線/結城〜県道15号線
駐車場: なし。 石碑前に駐車スペースあり。(3台程度)


ひとくち MEMO
南北朝争乱時には南朝方の最後の拠点となったお城。

茨城県のお城
一覧表へ
トップページへ 関城町のHPへ

関東のお城
茨城県栃木県群馬県千葉県埼玉県東京都神奈川県