大和 沢 城



お城のデータ
所在地 奈良県宇陀市榛原区沢
遺 構 曲輪、土塁、堀切
形 式 山城 築城者: 沢氏 築城年代: 不明


見 ど こ ろ

 榛原町が町興しの一環として、高山右近ゆかりの城として整備している。 

 沢城は、規模の小さな城だ。 出丸がメインで木々が切り払われているため、土塁が確認できる。 城からの眺めも、この出丸から伊那佐山を望めるだけだ。

 本丸・二の丸は、木々が生い茂り下草も自然まかせで、汗を滲ませながら登ってきただけに、ちょっと期待はずれであった。 同じ整備をするなら、もう少し本腰を入れて貰いたいものだ。 ちょっと中途半端な整備のような気がする。 


歴     史
(現地案内板より)

 沢城の築城年代は定かではないが、興福寺領沢庄の荘官であった国人沢氏が築いた城である。 沢氏は、伊勢の国司北畠氏の重臣であったが、永禄3年に信貴山城主松永久秀によって落城した。

 その後、キリシタン大名高山右近の父高山図書が城主となり、城の修築を行った。 高山右近は後に摂津高槻城主となっている。

 城は、天正8年の織田信長が大和郡山城主筒井順慶に命じた、大和城郭破却令により廃城となった。


お城へのアクセス
鉄 道: 近鉄大阪線榛原駅〜バス
 車 : 西名阪道針IC〜国道369号線/榛原〜県道31号線
駐車場: なし。(登城口前に2台程度の駐車スペースあり)


ひとくち MEMO
キリシタン大名高山右近ゆかりのお城。
  • 沢城の登城口
    麓の沢の集落の入口に『右近の碑』と沢城の案内板がある。 城跡へは、『ダリヨ&ジュストの道』と称して道の角々に道案内標識があり迷うこと無く行ける。

奈良県のお城
一覧表へ
トップページへ 宇陀市のHPへ

近畿のお城
滋賀県京都府大阪府兵庫県奈良県和歌山県