薩摩 太良城



お城のデータ
所在地 鹿児島県伊佐市菱刈町南浦字西川
遺 構 曲輪、堀切
形 式 丘城 築城者: 菱刈重妙 築城年代: 建久5年


見 ど こ ろ

 太良城は、川内川の支流川間川の右岸に南北に伸びる丘陵(城山)に築かれている。 現在、城山一帯は市民の森として公園化されていて、城山東側の登城口に標柱が立てられている。

 丘陵の北側に一の曲輪、幅の広い堀切を隔てて二の曲輪が配されてた縄張りとなっている。 両曲輪とも周囲は絶壁となっているため、土塁などの遺構は見られなかった。

 城の北側にある本城小学校の敷地が、江戸時代に地頭御仮屋が置かれたところで、小学校の北から東にかけて麓の武家屋敷が連なっていた。


歴     史
(本城麓の地頭御仮屋跡)

 太良城は、建久5年に菱刈重妙によって築かれた。 重妙は、藤原隆長の孫で保元元年に後白河院より菱刈両院(牛屎・太良院)を賜り、建久4年に源頼朝より両院を安堵され、建久5年に太良院へと入封して本城(太良城)を居城とし菱刈氏を称した。 

 戦国時代、菱刈氏は享禄3年菱刈重明の時に島津忠明を攻めて大口城を所領に加え、有力国人として北薩に勢力を誇った。 島津貴久が三州統一に向けて兵を動かし、永禄10年に馬越城が落城。 菱刈隆秋は、太良城(本城)・曽木城・羽月城の兵を大口城へと集結させ、島津氏に反抗したが、永禄12年に島津氏に降伏し、大口城から肥後人吉城へと逃れた。
 
 その後、島津貴久の重臣新納忠元が大口城主となり、菱刈両院を領した。 江戸時代には、本城麓がが置かれ明治に至った。


お城へのアクセス
鉄 道: JR肥薩線大隅横川駅〜バス/本城
 車 : 九州道横川IC〜県道53号線〜県道425号線
駐車場: なし。


ひとくち MEMO
北薩の有力国人菱刈氏の本城。

鹿児島県お城
一覧表へ
トップページへ

九州のお城
| 福岡県佐賀県長崎県大分県熊本県宮崎県鹿児島県沖縄県