紀伊 猿岡山城



お城のデータ
所在地 和歌山県紀の川市粉河
遺 構 曲輪
形 式 丘城 築城者: 藤堂高虎 築城年代: 天正15年


見 ど こ ろ

 紀州の古刹粉河寺の直ぐ南側の小高い丘の上に猿岡山城は築かれていた。 現在、城跡は秋葉公園となっていて、どこまで城の遺構かは定かではない。 児童公園として遊技施設があるほか、秋葉神社の小さな社殿が建つ。

 猿岡山は、比高はあまりないが周囲から独立した丘で、南側を流れる中津川が城の堀の役目を果たしている。 

 また、丘の上の城跡からは粉河寺の境内が手に取る様に見え、藤堂高虎がここに城を築いた頃は、まだまだ勢力があった粉河寺に対して、武力で威圧する政治的な意図からこの場所に城を築いたのだろう。


歴     史

 藤堂高虎は、天正8年の播磨三木城攻略戦での戦功により、天正15年に豊臣秀吉から粉河1万石を与えられた。 高虎は、この時に粉河寺境内脇の猿岡山に城を築いた。

 文禄3年、主家の大和郡山城主豊臣秀保が死去。 高虎は一時高野山に入るが、その後秀吉の直臣に取り立てられ、伊予宇和島7万石の城主となった。  粉河の猿岡山城は、高虎の宇和島移封に伴い廃城となった。


お城へのアクセス
鉄 道: JR和歌山線粉河駅〜バス/粉河寺
 車 : 阪和道和歌山IC〜国道24号線/粉河〜県道1号線
駐車場: 粉河寺山門前の町営・民営有料駐車場を利用。


ひとくち MEMO
粉河寺を見下ろす丘に築かれたお城。

和歌山県お城
一覧表へ
トップページへ

近畿のお城
滋賀県京都府大阪府兵庫県奈良県和歌山県