山城 三条坊門殿



お城のデータ
所在地 京都府京都市中京区東八幡町
遺 構 なし。
形 式 居館 築城者: 足利義詮 築城年代: 貞治4年


見 ど こ ろ

 三条坊門殿は、室町幕府足利将軍家二代、四代、十代と3人の将軍の御所となった居館だ。 足利将軍家菩提寺等持寺境内の南側に位置し、現在の御池中学校敷地南側、御池通りも含めて姉小路通りまでの範囲、一町四方の規模があったとか。 今は、市街地の下に埋もれ遺構は何も残っていない。


歴     史

 三条坊門殿は、貞治4年に室町幕府二代将軍足利義詮によって築かれた。 義詮に続いて四代将軍義持が応永16年に北山第から三条坊門殿へと移っている。 その後、永正5年に十代義稙が将軍職に復位した際に、御所として三条坊門殿を復興した。


お城へのアクセス
鉄 道: 京都市営地下鉄東西線京都市役所前駅〜徒歩約5分
 車 : 阪神高速京都線鴨川西IC〜国道367号線〜御池通
駐車場: なし。


ひとくち MEMO
2代・4代・10代足利将軍の居館となった館。

京都府のお城
一覧表へ
トップページへ

近畿のお城
滋賀県京都府大阪府兵庫県奈良県和歌山県