越後 鮫ヶ尾城



お城のデータ
所在地 新潟県妙高市雪森字城山
遺 構 曲輪、土塁、堀切、竪堀
形 式 山城 築城者: 不明 築城年代: 戦国時代


見 ど こ ろ

 
鮫ヶ尾城は、斐太神社の西側に聳える城山山頂に築かれている。 信越国境に防備のために手を加えられた城故に山頂から尾根筋に幾段もの曲輪を設けた大規模な城だ。

 城の縄張りは、城山山頂に実城(本丸)を置き、南の尾根筋に二の丸・三の丸、西の尾根筋に米倉・西の丸、東の尾根に東一の丸・東二の丸を配し、その各尾根筋の曲輪に付属する帯曲輪等の小曲輪群が斜面に構築されている。

 この城の醍醐味は、何と言ってもV字に鋭く掘られた堀切だ。 堀底道としても利用されているところもあるが、本丸から西尾根にかけての堀切は圧巻だ。 堀切を越えて次の曲輪へと探索するのにも一苦労させられた。


歴     史

 鮫ヶ尾城は、築城者は定かでないが戦国時代に築かれた。 上杉謙信は、永禄年間に甲斐の武田信玄の信越国境への進攻に備えて、春日山城をはじめ信越国境に近い諸城を修築・新築しているが、この鮫ヶ尾城もこの頃に築かれてたと推定されている。

 天正6年、上杉謙信の死去によりその跡目相続の争いが二人の養子(景勝・景虎)によって起こる。 この御館の乱で敗れた景虎は、鮫ヶ尾城主堀江宗親を頼って御館から退くが、景勝方に寝返った堀江氏と景勝方の軍勢に攻められ、鮫ヶ尾城内にて自刃した。


お城へのアクセス
鉄 道: JR信越本線高田駅〜バス/西乙吉入口
 車 : 上信越道高田IC〜県道85号線
駐車場: 斐太史跡公園の無料駐車場を利用。


ひとくち MEMO
御館の乱で敗れた上杉景虎最後のお城。

新潟県のお城
一覧表へ
トップページへ

甲信越のお城
山梨県長野県新潟県富山県石川県福井県