陸前 桜ノ目館



お城のデータ
所在地 宮城県大崎市古川桜ノ目字鹿島伝
遺 構 なし。
形 式 居館 築城者: 石母田氏 築城年代: 江戸時代


見 ど こ ろ

 
桜ノ目館は、桜ノ目地区の県道59号線沿いにあるJAのガソリンスタンド(JA支所)辺りにあったとされているが、遺構など何も残っていない。 スタンド東側の駐車場の一角に案内板が立てられていた。 この桜ノ目館主石母田氏は、岩代石母田城主であった石母田氏の末裔とか。


歴     史

 桜ノ目館は、築城年代は定かでないが江戸時代に栗沢高清水城(要害)を領した石母田氏の分家、石母田宗頼の次男頼章がこの地を分地され1,000石を領して居館を構えた。 8代頼至の時に明治を迎えたが、最後の館主頼至は幕末戊辰戦争など明治維新の難局に際して活躍した。


お城へのアクセス
鉄 道: JR陸羽東線・東北新幹線古川駅〜バス/桜ノ目
 車 : 東北道古川IC〜国道47号線〜県道59号線
駐車場: なし。


ひとくち MEMO
伊達家中で一族に列せられていた石母田氏(分家)の居館。

宮城県のお城
一覧表へ
トップページへ

北海道・東北のお城
北海道青森県岩手県秋田県宮城県山形県福島県