三河 桜井城



お城のデータ
所在地 愛知県安城市桜井町城阿原
遺 構 土塁
形 式 平城 築城者: 松平信定 築城年代: 不明


見 ど こ ろ

 桜井城は、現在本丸の一部が桜井公園となっている。
 城の規模は結構大きい城であったようで、城山保育園〜桜井精霊神社(桜井公園の南隣)など桜井町一帯が城域であったようだ。
 現在では、桜井公園の一角に土塁が残っていて、この土塁の上に桜井城址の石碑がある。 また、土塁西側に桜井松平氏歴代の墓がある。


歴     史

 文明年間に松平信光が岩津城から安祥城へ進出して、この地も松平氏の所領となった。

 松平信定が叔父親房の養子となり、桜井松平氏と祖となった。 桜井城は、この松平信定によって城として整備されたと思われる。 信定−清定−家次と桜井松平氏は、岡崎城の松平宗家に対して、しばしば反攻的な行動をとる。

 しかし、桜井松平4代忠正以降は、宗家徳川家康に忠節を尽くした。(子孫は、摂津尼崎城主として明治に至る) 天正18年、家康の関東移封に従い、6代家広は武蔵松山へ移り、桜井城は廃城となった。


お城へのアクセス
鉄 道: 名鉄西尾線碧海桜井駅〜徒歩約10分
 車 : 名古屋高速3号線〜国道23号線/藤井IC〜県道44号線
駐車場: なし。


ひとくち MEMO
本の丸の一部が公園になっているお城。

愛知県のお城
一覧表へ
トップページへ

東海のお城
静岡県愛知県岐阜県三重県