信濃 大井城



お城のデータ
所在地 長野県佐久市岩村田字荒宿
遺 構 曲輪、堀切
形 式 平山城 築城者: 大井倫満 築城年代: 鎌倉時代


見 ど こ ろ
 
 大井城は、湯川の右岸に面した田切状の台地端を利用して築かれていて、湯川に面しては河岸崖となっている。

 城の縄張りは、大井氏が初期に構えた城が石並城で、その南側に王城、道路を隔てて黒岩城と三つの城が並び、これらの城を合わせて大井城を構成している。

 現在は、王城が王城公園となっているが、ここには土塁など遺構は何も残っておらず、公園入口に案内板が立てられていた。 石並城・黒岩城跡は、共に民家敷地となっている。


歴     史

 大井城は、嘉禄元年に大井朝光によって築かれた。 朝光は、小笠原長清の七男で大井郷の地頭となり大井氏を称した。

 大井氏は、佐久郡内に庶子家を分立させながら勢力拡張して、南北朝時代から室町時代に全盛期を迎え、大井光長は信濃守護代となっている。

 全盛期の持光没後、政光−政朝と続くがこの頃から大井氏の勢力に陰りが見えだした。 文明16年に政朝の弟安房丸が家督を継いだ隙を狙って村上政清に大井城を攻められ、大井宗家は滅亡した。


お城へのアクセス
鉄 道: JR小海線岩村田駅〜バス/浅間会館前
 車 : 上信越道佐久IC〜県道9号線〜県道156号線
駐車場: なし。


ひとくち MEMO
佐久郡に勢力を誇った岩村田大井氏宗家の本城。

長野県のお城
一覧表へ
トップページへ 佐久市のHPへ

甲信越のお城
山梨県長野県新潟県富山県石川県福井県