信濃 稲荷山城



お城のデータ
所在地 長野県佐久市勝間字稲荷山
遺 構 曲輪、土塁、堀切
形 式 平山城 築城者: 不明 築城年代: 不明


見 ど こ ろ
 
 稲荷山城は、千曲川左岸に面した稲荷山に築かれている。 稲荷山は、千曲川に面した北側は崖になり、北と南の斜面も急で、西の斜面のみ緩やかな地形となっている。

 城の縄張りは、山頂を南北に削平して主郭(現在の配水池)と南北に曲輪を配し、配水池南側には横堀の痕跡が今も残っている。 

 主郭部から南の斜面に一二三段式に曲輪を設けているが、グランドとなっている肥前曲輪以外、公園化や宅地化により原形を留めていない。 土塁や櫓台等の遺構があるとのことだが、現地を散策してみたが、よく分からなかった。


歴     史

 稲荷山城は、築城年代や築城者については定かではない。 天正10年に武田氏が滅亡すると、徳川家康が佐久地方へと進出し、柴田康忠を派遣して徳川方の戦線拠点として確保させ、松平家忠に修築を命じている。

 天正13年、真田昌幸の上田城を攻略に敗れた徳川勢が稲荷山城へと引き上げた。 天正18年の伴野刑部・依田能登守討伐時に、徳川方の松平(依田)康国がこの城で陣容を整えた。


お城へのアクセス
鉄 道: JR小海線臼田駅〜徒歩約15分
 車 : 中部横断道臼田IC〜県道121号線〜国道141号線
駐車場: 稲荷山公園の無料駐車場を利用。


ひとくち MEMO
千曲川左岸に面した稲荷山に築かれたお城。

長野県のお城
一覧表へ
トップページへ

甲信越のお城
山梨県長野県新潟県富山県石川県福井県