信濃 跡部氏館



お城のデータ
所在地 長野県佐久市跡部
遺 構 なし。
形 式 居館 築城者: 跡部氏 築城年代: 不明


見 ど こ ろ
 
 室町時代に甲斐守護代のなった跡部父子の本貫地が佐久跡部だったことは、勉強不足で現地を訪れて初めて知った次第。 少々お恥ずかしい。

 跡部氏館は、千曲川左岸の河岸段丘崖を利用して築かれている。 跡部地区の北端に位置し、国道141号線バイパスの浅蓼大橋西詰に館の標柱が立てられていて、この辺り一帯が居館跡のようだ。 現在は、館跡一帯が畑地と民家敷地となっていた。


歴     史

 跡部氏館、築城年代は定かではないが伴野時長の子朝長が跡部の地を領して跡部氏を称した。 応永22年に信濃守護小笠原政康が支援して武田信元が甲斐守護に就任した。 政康は、一族の跡部駿河守・景家父子を甲斐守護代として派遣した。


お城へのアクセス
鉄 道: JR小海線岩村田駅〜バス/跡部
 車 : 中部横断道佐久南IC〜国道142号線〜国道141号線
駐車場: なし。


ひとくち MEMO
甲斐守護代となった跡部氏代々のの居館。

長野県のお城
一覧表へ
トップページへ

甲信越のお城
山梨県長野県新潟県富山県石川県福井県