三河 坂崎城



お城のデータ
所在地 愛知県額田郡幸田町坂崎字神明西
遺 構 土塁
形 式 平城 築城者: 天野氏 築城年代: 不明


見 ど こ ろ

 坂崎城は、現在の坂崎地区の西端にある神明社境内一帯に築かれていた。 城の規模は、天野康景邸とも呼ばれている事からして居館程度のものと思われる。 神社の鳥居脇に城石碑と案内板が建てられ、境内には土塁も一部残されていた。


歴     史

  坂崎城は、築城年代は定かでないが天野氏によって築かれた。 天野康景は、徳川家康に仕え高力清長・本多重次と共に岡崎三奉行の一人で、天正18年の家康の関東移封に従い下総へ移り、江戸町奉行に任じられている。

 その後康景は、慶長6年に駿河興国寺1万石を領したが、翌年に部下が盗賊を働いた天領の民を斬った事件の処理から城地を放棄して嫡男康宗とともに出奔し改易となった。 


お城へのアクセス
鉄 道: JR東海道本線幸田駅〜バス/坂崎南
 車 : 東名岡崎IC〜県道26号線〜国道248号線〜国道23号線
駐車場: なし。


ひとくち MEMO
岡崎三奉行の一人天野康景の居城。

愛知県のお城
一覧表へ
トップページへ

東海のお城
静岡県愛知県岐阜県三重県