下総 逆井城



お城のデータ
所在地 茨城県板東市逆井
遺 構 復元櫓、復元主殿、復元櫓門、曲輪、土塁、空堀
形 式 平城 築城者: 北条氏繁 築城年代: 天正5年


見 ど こ ろ

 逆井城城址公園に着くと、大手門脇の土塁上には、2層櫓・平櫓・井楼矢倉・城壁が、建ち並ぶ姿は壮観だ。 土塁の城・戦国の城の姿がそこにある。

 これらの建物・土塁・空堀などは、数次に渡る発掘調査に基づいて復元されたものだ。

 鬱蒼とした雑木林や竹藪の中を駆けずり回り、城の遺構とご対面、こんな城巡りが多いだけに、戦国の城とは往時はこんな姿であったのだ、とこれから訪れるであろう城巡りのイメージづくりに非常に役立つ。

 逆井城は、北に飯沼、西に蓮沼と沼に囲まれた台地の先端に築かれている。 戦国時代末期に北条氏が築城しただけあって、壮大な規模を持つ城である。

 井沼に面して一の曲輪、その三方を取り囲むように東二の曲輪と西二の曲輪、それぞれの曲輪の間には空堀が掘られている。 二の曲輪の空堀は随分浅くなっているが、一の曲輪の空堀は結構深い。 この堀に橋が架けられ、虎口には2層の櫓門復元されている。 


歴     史

 天正5年、相模玉縄城主北条氏繁によって築かれた。 この築城は、北条氏の下野・常陸への侵攻の最前線基地として築かれた。

 北条氏繁が築城する前に、ここには逆井氏が築いた古城があり、北条氏の重臣大道寺盛昌が攻めて、落城させている。

 天正6年、北条氏繁は逆井城で没し、その後逆井城主には北条氏舜・氏勝が入った。 天正18年、豊臣秀吉の小田原征伐で北条氏が滅亡すると、逆井城も廃城となった。 


お城へのアクセス
鉄 道: JR東北本線古河駅〜タクシー、関東鉄道常総線石下駅〜タクシー
 車 : 常磐道谷和原IC〜国道294号線/水海道〜国道354号線/岩井
〜県道125号線
駐車場: 城址公園の駐車場利用(無料)


ひとくち MEMO
発掘調査に基づいて見事に復元された戦国時代のお城。

茨城県のお城
一覧表へ
トップページへ 猿島町のHPへ

関東のお城
茨城県栃木県群馬県千葉県埼玉県東京都神奈川県