越前 西光寺丸城



お城のデータ
所在地 福井県南条郡南越前町二ツ屋木ノ芽峠
遺 構 曲輪、土塁、堀切、横堀、竪堀
形 式 山城 築城者: 朝倉義景 築城年代: 永禄12年


見 ど こ ろ

 西光寺丸城は、木ノ芽峠城の南東の尾根筋に築かれており、木ノ芽峠城と一体となって機能していた城だ。

 縄張りは、周囲に土塁を巡らした一の曲輪、その東側に二の曲輪を置き、その外側に横堀を巡らして防備を固め、更に南側には馬出曲輪が置かれている。

 ここまでは何とか遺構は確認できるが、更に南に置かれた三の曲輪、その外側にある堀切があるが、いずれも熊笹とブッシュに覆われ、遺構確認は容易ではなかった。


歴     史

 西光寺丸城は、永禄12年に朝倉義景によって木ノ芽峠城塞群として築かれた。

 土塁や横堀が多用されている縄張りは、城塞群のなかで一番新しい城の証しで、天正元年に朝倉氏滅亡後入城した織田氏によって修築されたとも考えられている。

 天正3年の織田信長の越前再侵攻のおりには、一向宗側の西光寺真経が守備し、織田方の稲葉一鉄・滝川一益らに攻められ落城、城将西光寺真経も戦死した。


お城へのアクセス
鉄 道: JR北陸本線今庄駅〜バス/今庄365スキー場
 車 : 北陸道今庄IC〜国道365号線
駐車場: なし。(木ノ芽峠スキー場側に駐車スペースあり)


ひとくち MEMO
北国街道の要衝木ノ芽峠を守るお城。
  • 西光寺丸城の縄張り図(現地案内板より)

福井県のお城
一覧表へ
トップページへ 南越前町のHPへ

甲信越のお城
山梨県長野県新潟県富山県石川県福井県