大和 西方院山城



お城のデータ
所在地 奈良県奈良市高畑町
遺 構 曲輪、土塁、空堀
形 式 丘城 築城者: 古市氏 築城年代: 文安元年


見 ど こ ろ

 『奈良公園の中にお城がある。』 冗談を言っているわけではない。 奈良公園内荒池南側の丘(瑜伽山)が西方院山城だ。 国道169号線を挟んで西側にある奈良ホテルが建っている所も鬼薗山城跡

 西方院山城は、瑜伽神社の本殿の北側から東側にかけてが城域だ。 奈良ホテルの駐車場から斜面を直登すると、堀切が直ぐに現れ、土橋を渡るとそこは城内。 

 縄張りは、瑜伽神社裏手が主郭、駐車場北側が二の曲輪となっていて、主郭西側に低い土塁が残り、主郭東側に二重の堀切と土塁が見事に残っていた。


歴     史

 西方院山城は、築城年代が確定出来る城である。 古市氏が室町時代の文安元年に着工、一時中断した後、文明11年に築城再開して完成した。

 永禄10年、多聞山城の松永久秀を攻めるため、三好三人衆と筒井勢が、この城に入城して陣を張ったが、松永勢の反撃を受け開城した。 以後、廃城となった。


お城へのアクセス
鉄 道: JR関西本線奈良駅、近鉄奈良線近鉄奈良駅〜バス/奈良ホテル前
 車 : 第二阪奈道阪奈宝来出口〜国道308号/奈良〜国道169号線
駐車場: 奈良県庁東側登大路・高畑の奈良公園公営駐車場を利用。


ひとくち MEMO
奈良公園の中にあるお城。

奈良県のお城
一覧表へ
トップページへ

近畿のお城
滋賀県京都府大阪府兵庫県奈良県和歌山県