信濃 鷺林城



お城のデータ
所在地 長野県佐久市常田字市村
遺 構 曲輪、堀跡
形 式 平城 築城者: 不明 築城年代: 不明


見 ど こ ろ
 
 鷺林城は、湧玉川左岸の河岸段丘崖を利用して築かれている。 湧玉川を挟んだ北側の台地端には東城が築かれていた。

 鷺林城は、台地に面した南側には堀を設け、東から四の曲輪・三の曲輪・二の曲輪・一の曲輪が直線的に並んでいて、各曲輪の間には横堀が設けられていた。

 現在は、果樹園と畑地となっていて、一の曲輪付近の堀切は夏草と蔓草に覆われ、写真写りは最悪状態だったが、南側の横堀は畑地となっていて、かつての堀と曲輪の様子がよく分かった。


歴     史

 鷺林城は、築城年代や築城者については定かではないが、天文18年に武田晴信が平原城攻めに際して本陣を置いている。


お城へのアクセス
鉄 道: JR小海線中佐都駅〜徒歩約10分
 車 : 中部横断道佐久北IC〜国道141号線
駐車場: なし。


ひとくち MEMO
信玄が平原城攻めに本陣をおいたお城。

長野県のお城
一覧表へ
トップページへ

甲信越のお城
山梨県長野県新潟県富山県石川県福井県