若狭 佐柿陣屋



お城のデータ
所在地 福井県三方郡美浜町佐柿
遺 構 曲輪、石垣、
形 式 陣屋 築城者: 酒井忠勝 築城年代: 寛永11年


見 ど こ ろ
(整備前の石垣 2001年)

 佐柿陣屋は、国吉城城主居館の東側(徳賞寺西側)に築かれた領内統治の陣屋だ。 現在は、陣屋跡に「若狭国吉城歴史資料館」が建てられている。

 陣屋は、資料によると2043坪の敷地に建物(屋形、台所、長屋、番所など)163坪、「御茶屋御門」と呼ばれた表門、奉行所役宅、制札場、女留番所、木戸門、柵が建てられていたとか。 今も組み直されているが、往時の石垣や池泉跡、水路跡が残っている。


歴     史

 佐柿陣屋は、寛永11年に酒井忠勝によって築かれた。 忠勝は、11万石を領して小浜城へ入ると、敦賀・佐柿などに町奉行所や藩主の領内巡検時に休息所となる「御茶屋屋敷」を設置した。 享和3年に「佐柿陣屋」と改められた。


お城へのアクセス
鉄 道: JR小浜線美浜駅〜バス/佐柿
 車 : 舞鶴若狭道若狭美浜IC〜国道27号線
駐車場: 若狭国吉城歴史資料館の無料駐車場を利用。)


ひとくち MEMO
若狭東部の領内統治の拠点として置かれた陣屋。

福井県のお城
一覧表へ
トップページへ

甲信越のお城
山梨県長野県新潟県富山県石川県福井県