越前 鯖江陣屋



お城のデータ
所在地 福井県鯖江市屋形町
遺 構 移築門
形 式 陣屋 築城者: 間部詮言 築城年代: 享保5年


見 ど こ ろ

 鯖江陣屋は、屋形町一帯が陣屋跡あるが、所在地に『屋形』の地名を留めるだけで、まったく市街地となり、遺構は何もの残っていない。 陣屋跡を示す石碑や案内板一つすらない。

 しかし、城下町鯖江の街を探索すれば、陣屋の痕跡を見出すことができる。 市内の萬慶寺の裏門に陣屋の赤門が移築されている。 また、JR鯖江駅近くの街中に鯖江藩家老職を務めた植田氏の長屋門がある。


歴     史

 貞享3年、福井藩半知の処分があり、鯖江に幕府の代官所が置かれた。  享保5年、越後村上城主間部詮言は鯖江5万石に転封になりこの地に入封する。 詮言は、幕府代官所のあった西鯖江の地に陣屋を構えた。

 天保11年、間部詮勝が老中に就任したこともあり、幕府より長泉寺山に築城の許可が下りたが、この地に要害の場所もなく、城は築かれなかった。


お城へのアクセス
鉄 道: JR北陸本線鯖江駅〜徒歩約5分
 車 : 北陸道鯖江IC〜国道417号線
駐車場: なし。


ひとくち MEMO
市街地に埋没してしまった陣屋。
  • 陣屋門の移築先   萬慶寺 福井県鯖江市深江
  • 陣屋跡への道しるべ
    JR鯖江駅前の道を西にまっすぐ約200m行くと大きな交差点がある。 この交差点から西側一帯が『屋形町』で陣屋があったところ。 かつては陣屋の中にあった稲荷社であろうか、「屋形稲荷神社」がある。       

福井県のお城
一覧表へ
トップページへ

甲信越のお城
山梨県長野県新潟県富山県石川県福井県