大和 龍王山城(南城)



お城のデータ
所在地 奈良県天理市柳本町
遺 構 曲輪、土塁、堀切、竪堀
形 式 山城 築城者: 十市氏 築城年代: 不明


見 ど こ ろ

 龍王山南城は、龍王山山頂に築かれ、十市−柳本−龍王山−藤井−都祁へと国中から東山内へと通じる最短路を押さえる城であった。 その証拠に、龍王山山頂(南城本丸)からは、大和平野・金剛・葛城・信貴・生駒の山々、そしてその向には遠く明石海峡大橋まで一望することができ、その眺めは「絶景」の一言につきる。

 城は、山頂の本丸を中心に東西の尾根筋に6つの曲輪が連郭式に並び、曲輪の間には3条の堀切が施され、尾根の両側中腹部を押さえるために小曲輪を配した縄張りとなっていた。 本丸東側の3つの曲輪を区切る堀切の内、2番目の堀切が深さもあり、一番見応えのある遺構であった。


歴     史

 龍王山城(南城)は、築城年代は定かでないが十市氏によって築かれた。 十市氏は、興福寺大乗院方の国人で長谷川党の領袖で、室町・戦国時代にかけて大和五大豪族の一つに数えられ、平時は十市城を居城していた。

 応仁の乱に際して、十市遠清は筒井氏と共に東軍に与し、文明3年には楊本城を攻め取り楊本庄を所領としてた。 楊本庄を得たことが龍王山城の築城へと繋がった。

 十市遠清−遠相−遠治−遠忠と続き、天文5年に十市遠忠が河内から木沢長政が筒井氏と結び大和へ侵攻し信貴山城へ入った為、これに対抗しての龍王山の城を改修し、新たに北城を築いたといわれている。


お城へのアクセス
鉄 道: JR桜井線柳本駅〜徒歩約100分
 車 : 名阪国道天理東IC〜国道25号線/天理ダム〜県道247号線
駐車場: 龍王山城の無料駐車場を利用。


ひとくち MEMO
大和平野を一望できる眺望がお奨めのお城。

奈良県のお城
一覧表へ
トップページへ 天理市のHPへ

近畿のお城
滋賀県京都府大阪府兵庫県奈良県和歌山県