豊前 龍王陣屋



お城のデータ
所在地 大分県宇佐市安心院町龍王字古城
遺 構 石垣
形 式 陣屋 築城者: 松平重直 築城年代: 寛永11年


見 ど こ ろ

 龍王陣屋は、龍王山の尾根の先端部に龍王城大手門の西側に築かれていて、西と北側は崖となっている。

 陣屋の遺構は、周囲を石垣で固め、南に虎口を構えた縄張りだ。 陣屋内部は、荒れていて雑木が茂り、石垣以外の遺構の確認は難しかった。

 龍王陣屋は、本来「陣屋」として築かれたのではない。 陣屋を築いた松平重直は、「龍王城主」であった。 それ故に、あくまでも「居館」を築いたのだ。 しかし、島原領となってから「陣屋」となったのだ。 


歴     史

 慶長5年、豊前の国主となった中津城主細川忠興は、慶長8年に弟幸隆に1万石を与えて龍王城主とした。 幸隆は、5年の在城で死去したため、長岡好重・重政父子が城代となった。

 寛永9年、摂津三田より松平重直が37,000石を領して龍王城へ入った。 龍王城は、荒廃していたため、寛永11年に龍王山麓に陣屋(居館)を構築した。 

 寛永17年、松平重直は豊後高田へと移封になり、龍王の地は幕府直轄地となった。 寛文9年に丹波福知山から肥前島原へと転封になった松平忠房に龍王7,590石が与えられて以後、明治までこの地は島原領となった。


お城へのアクセス
鉄 道: JR日豊本線別府駅、宇佐駅〜バス/龍王
 車 : 宇佐別府道路安心院IC〜県道42号線〜県道50号線
駐車場: なし。


ひとくち MEMO
龍王山の西麓に「居館」として築かれた陣屋。

大分県のお城
一覧表へ
トップページへ

九州のお城
| 福岡県佐賀県長崎県大分県熊本県宮崎県鹿児島県沖縄県