遠江 龍眼山城



お城のデータ
所在地 静岡県牧之原市細江(榛原公園)
遺 構 曲輪、土塁、堀切
形 式 山城 築城者: 不明 築城年代: 不明


見 ど こ ろ

 高根山丘陵の先端部に築かれた龍眼山城は、城の規模の極めて小さな城だ。

 西側を除く三方が急な斜面となり、西側の丘陵とは二重の空堀で隔てられている。

 現在、榛原公園となっている一の曲輪は、綺麗に整地されているため、城の遺構はあまり残っていない。 かろうじて虎口付近の土塁と空堀が残っている。 しかし、展望台からの眺めは最高。 二の曲輪は、一面茶畑となっている。

 一の曲輪までは、裏手から車で行くことが出来るが、茶畑の中を道幅2メートル程の農道となっている。 車のサイドを傷つけたくない方にはお勧めできない。


歴     史
(現地案内板より)

 龍眼山城は、室町時代末期に築城された。 誰が、何時築いたか、また城の歴史についても定かではない。

 相良町の滝堺城と築城形式が類似していることから、武田氏が滝堺城と小山城を結ぶ、繋ぎの城として築城したと考えられている。

 城の立地・性格上、天正9年の小山城落城の前後して、徳川勢により落城したと考えるのが妥当であろうか。


お城へのアクセス
鉄 道: JR東海道本線静岡駅〜静鉄バス相良営業所行/内山 or 静波1丁
 車 : 東名高速吉田IC〜国道150号線
駐車場: 榛原公園の無料頂上駐車場(10台)、公園下駐車場(15台)を利用。


ひとくち MEMO
虎口付近の土塁と空堀が残っているお城。

静岡県のお城
一覧表へ
トップページへ 牧之原市のHPへ

東海のお城
静岡県愛知県岐阜県三重県