山城 六波羅政庁



お城のデータ
所在地 京都府京都市東山区弓屋町
遺 構 なし。
形 式 政庁 築城者: 鎌倉幕府 築城年代: 承久3年


見 ど こ ろ

 六波羅政庁は、平清盛をはじめ平氏一族が居館を構えた地に建ってられ、鎌倉幕府の京・西国統治の拠点となっていた。 六波羅蜜寺南側の住宅地から開晴中学校敷地一帯に築かれていた。 現在、中学校正門脇に石碑が立てられているだけで、政庁の遺構などは何も残っていない。


歴     史

 六波羅政庁は、承久3年の承久の乱に勝利した鎌倉幕府が、六波羅の地に政庁を構えて探題を設置し、それぞれの探題に北条泰時(北方)・北条時房(南方)が任じられ、西国の御家人を組織し直して京の警備・朝廷の監視・軍事行動などを行わせた。

 元弘3年、後醍醐天皇による倒幕の令旨に応じた足利高氏により六波羅政庁は攻められ陥落し、探題北条仲時(北方)は東国へ逃れる途中近江番場にて自刃、北条時益(南方)も逃れる途中で近江で討ち死にした。


お城へのアクセス
鉄 道: 京阪電鉄本線清水五条駅〜徒歩約10分
 車 : 名神高速京都南IC〜国道1号線
駐車場: なし。


ひとくち MEMO
平清盛政権から鎌倉時代を通じて武家政権の都での拠点。

京都府のお城
一覧表へ
トップページへ

近畿のお城
滋賀県京都府大阪府兵庫県奈良県和歌山県