陸前 川崎城



お城のデータ
所在地 宮城県柴田郡川崎町川字館山
遺 構 曲輪、土塁、空堀
形 式 平山城 築城者: 慶長年13年 築城年代: 砂金実常


見 ど こ ろ

 
川崎城は、山形との国境笹谷峠への押さえの役目を担った境目の城だ。 川崎町役場の北側にある東西に細長い丘陵に築かれ、現在は城山公園と川崎小学校の敷地となっている。

 川崎城は、丘陵西端に本丸(公園)、東側に二の丸(小学校)を配置していた縄張りで、本丸周辺には北側に帯曲輪と切岸が見られる。

 資料によれば、遺構として土塁や空堀が残っているとのことであったが、小学校のグランド東側まで立ち入ることができず未確認。


歴     史

 川崎城は、慶長13年に砂金実常によって築かれた。 砂金氏は、文明年間に伊達氏に仕え、砂金邑の豪族として勢力を張っていた。 実常は、大坂夏の陣で戦功を上げ一族に列せられたが、元禄15年に4代重常が継嗣無く死去し断絶となった。 

 その後、享保7年に伊達村和(水沢藩主、元禄12年に改易)の子村詮が川崎城(要害)2千石を与えられ、一門衆に列せられた。 以後、川崎伊達氏の代々の居城となり7代邦賢の時に明治を迎えた。


お城へのアクセス
鉄 道: JR東北本線大河原駅〜バス/川崎中学校前
 車 : 山形道宮城川崎IC〜県道14号線〜県道47号線
駐車場: 城山公園の無料駐車場を利用。


ひとくち MEMO
山形へ通じる笹谷街道を押さえた川崎伊達氏の居城。

宮城県のお城
一覧表へ
トップページへ 川崎町のHPへ

北海道・東北のお城
北海道青森県岩手県秋田県宮城県山形県福島県