播磨 利神城
      

お城のデータ
所在地 兵庫県佐用郡佐用町平福
遺 構 曲輪、土塁、石垣、堀切、竪堀、空堀、空堀
形 式 山城 築城者: 別所敦範 築城年代: 貞和5年


見 ど こ ろ

 平福駅を降りると駅の北側に利神城下屋敷跡の石垣が見える。 西側を流れる作用川が堀の役目を果たし、北と南を石塁を築いて居館としている。 この居館背後の谷筋を山頂の三の丸までつづれ織り状の登城道がある。(現在は雑木に覆われ登坂不可、南山腹から尾根伝いに登る)

 山頂の利神城三の丸まで尾根筋を登ってくると、崩れかけた虎口の石垣がまず目に入る。 この虎口が居館からの登城道の終着点だ。 左右の石垣が登り来る者を寄せ付けない構えだ。 さらに上に有るであろう本丸・二の丸へと期待がふくらんでゆく。

 この城は近世山城である。それだけに本丸・二の丸に残る石垣群は、各所で崩れてはいるものの、なかなか立派なものだ。 かつては、三層の天守が建てられていたとか。

 賛否両論あるとは思うが、修復工事がなされれば、さらに見ごたえのある城跡になるのでは? この城の別名雲突城の名の通り、天空の城と呼ばれる但馬竹田城大和高取城と比べても遜色のない城だと私は思う。


歴     史
(本丸から三の丸を見る)
(利神城居館の石垣)

 利神城は、貞和5年に別所敦範によって築城された。 天正6年、別所宗家の三木城主別所宗治が羽柴秀吉に反旗を翻すと、利神城主別所林治も宗家に従ったため、上月城に居た尼子勝久・山中鹿之助に攻められ落城した。

 慶長5年、関ヶ原の戦功によって池田輝政が姫路城に入城し、利神城には、甥の池田由之が3万石を領して入城する。 由之は、利神城を今に残る近世城郭へと改修した。

 その後、輝政の7男輝興が城主となったが、寛永8年に赤穂城へ移り、利神城は廃城となった。

 池田氏の移封後、平福の地は旗本松平康朗5,000石の所領となり、寛永年間に平福陣屋が築かれ明治に至った。 


お城へのアクセス
鉄 道: 智頭急行鉄道平福駅〜徒歩
 車 : 中国道佐用IC〜国道373号線
駐車場: なし。(『道の駅ひらふく』の駐車場をちゃっかりと利用・・・)


ひとくち MEMO
険しい山の上に築かれた近世城郭、一見の価値あり。
  • 利神城の登城口
    利神城は、宿場町を見下ろす東側の山の山頂に築かれている。 平福駅から宿場町を南に少し歩くと登城口の案内板がある。 登城道は、佐用川を渡り、線路をくぐり、尾根の上へと続く。 尾根道をひたすら登ること40分。 利神城三の丸にたどり着く。

兵庫県のお城
一覧表へ
トップページへ 佐用町のHPへ

近畿のお城
滋賀県京都府大阪府兵庫県奈良県和歌山県