下野 小山城



お城のデータ
所在地 栃木県小山市城山町1丁目
遺 構 曲輪、土塁、空堀
形 式 平城 築城者: 小山正光 築城年代: 久安4年


見 ど こ ろ

 小山城(祇園城)は、現在は城山公園となっている。 城は、思川東岸の河岸段丘を利用して築かれた城で、小山城−長福城−鷲城と思川左岸に南北に並んで築かれ3城が一体となって機能していた。

 小山城は、思川に沿って東西に長く梯郭式に曲輪が配置された縄張りで、戦国時代に拡張され、深く掘られた堀は、現在でも本丸・二の丸・小久保曲輪・塚田曲輪・北久保曲輪をそれぞれ区切る形でよく残されている。 特に、二の丸と本丸辺りの空堀・堀切、本丸北側と東側に残る土塁は一見の価値がある。 


歴     史

 小山城は、久安4年に小山正光によって築かれた。 小山城は、康暦2年に起こった小山義政の乱の頃は祇園城ともよばれ小山氏の本城(鷲城)の支城であった。

 義政の乱後、小山氏の名跡を継承した小山泰朝は小山城(祇園城)を居城として以来、小山氏代々の本城となった。

 小山氏は、戦国時代には古河公方に従い、その後北条氏に従った。 天正18年、豊臣秀吉による小田原攻めに際して、城主小山秀綱は北条氏に与したため、所領没収となり下野の名門小山氏は滅亡した。

 慶長12年頃、本多忠純が33,000石で相模甘縄より入封したが、元和5年に下野宇都宮へ移封になり、小山城は廃城となった。


お城へのアクセス
鉄 道: JR東北本線小山駅〜バス/公園入口
 車 : 東北道佐野藤岡IC〜国道50号線〜国道4号線/本郷〜市道
駐車場: 城山公園の無料駐車場を利用。


ひとくち MEMO
曲輪を区切る堀切や空堀は今も良く残っているお城。

栃木県のお城
一覧表へ
トップページへ 小山市のHPへ

関東のお城
茨城県栃木県群馬県千葉県埼玉県東京都神奈川県