尾張 大野城



お城のデータ
所在地 愛知県常滑市金山字桜谷
遺 構 模擬天守、曲輪、空堀
形 式 平山城 築城者: 大野氏 築城年代: 不明


見 ど こ ろ

 大草城から見るとすぐ南側の丘の上に天守が見える。 これが大野城(別名宮山城)だ。 

 城は、伊勢湾を望む小高い丘陵(青海山)の北部に築かれていて、四方を二重の空堀が巡らされていたとか。 現在は、ほとんど住宅地となり、主郭部が城山公園となっている。

 主郭部には、二層の模擬天守(展望台)と城門が建てられ、また大野城主であった佐治氏を祀る佐治神社がある。

 この主郭部の三方を囲むように空堀が巡らされ、主郭下東側の鳥居があるあたりには 、往時の遺構かどうかは定かではないが土塁も残っている。 また、主郭北側には一段下がった所に曲輪があり、現在は児童公園となっている。


歴     史

 大野城の築城年代は定かではないが、大野氏や一色氏が居城した。 その後、佐治宗貞が3万石を領して大野城主となった。 以後、佐治氏が為貞−信方−信吉と4代に渡って居城する。

 天正10年、本能寺で織田信長が討たれた後、佐治氏は秀吉に従わず、徳川家康に従ったため、小牧・長久手の合戦後改易となった。

 佐治氏の後には、織田長益が城主となった。 しかし、長益はこの城の水利の悪さから大草城を築城して移り、大野城は廃城となった。


お城へのアクセス
鉄 道: 名鉄常滑線西ノ口駅〜徒歩約15分
 車 : 知多半島道路阿久比IC〜県道46号線/草木〜県道259号線/大草
〜国道155号線/青海山団地西〜市道
駐車場: 城山公園の無料駐車場を利用。


ひとくち MEMO
伊勢湾を望む青海山に建つ天守からの眺めは優れもの。

愛知県のお城
一覧表へ
トップページへ

東海のお城
静岡県愛知県岐阜県三重県