近江 垂井城



お城のデータ
所在地 滋賀県甲賀市甲賀町大原中字甲斐屋敷
遺 構 曲輪、土塁、堀
形 式 平城 築城者: 垂井甲斐守 築城年代: 明応年間


見 ど こ ろ

 垂井城は、大原中のJA敷地南側一帯に築かれている。 JAから市道を南に100m程行くと市道に面して高さ約4m程の土塁が目に入ってくる。 

 城の縄張りは、JA南側の民家敷地が主郭で、民家の北から西側にかけてコの字に高さ約6m程の土塁で囲まれ、市道に面した土塁との間に堀が残っている。

 市道を挟んで、西側が二の曲輪で、民家と資材置き場となっているが、西側の竹藪に土塁があり、また民家の間に土塁が一部残り、上部に小さな社が祀られていた。


歴     史

 垂井城は、明応年間に垂井甲斐守によって築かれた。 垂井氏は、美濃国垂井から来たとも伝えられているが、文明4年に大原垂井の名があることから、大原氏一族とも考えられる。


お城へのアクセス
鉄 道: JR草津線甲賀駅〜バス/大原中公民館前
 車 : 新名神高速甲南IC〜県道4号線〜県道24号線〜県道129号線
駐車場: なし。


ひとくち MEMO
市道に沿って高く分厚い土塁が残っているお城。

滋賀県のお城
一覧表へ
トップページへ

近畿のお城
滋賀県京都府大阪府兵庫県奈良県和歌山県