近江 大森城



お城のデータ
所在地 滋賀県東近江市大森町
遺 構 曲輪、土塁、堀切、竪堀、土橋
形 式 丘城 築城者: 布施氏 築城年代: 不明


見 ど こ ろ

 大森城は、大森神社から東西に連なる布引山系(小高い丘陵)に築かれて、近年公園とまでは行かないが、地元の里山事業の一環として城跡の雑木やブッシュが切り払われ、遺構は極めて確認しやすい状態となっていた。

 城の縄張りは、丘陵の最高所に土塁で三方を囲繞した方形の主郭を置き、西側に一段下がって二の曲輪を配置し、主郭・二の曲輪の北面は高い切岸となっている。

 その北側には、周囲の自然地形の上部を削平して土塁化し、その土塁に抱かれるように三段の曲輪が配され、虎口が北と西に開かれ、この曲輪内には井戸の遺構もあった。 


歴     史

 大森城は、築城年代は定かではないが布施氏によって築かれた。 布施氏は布施山城を居城とする一族で南近江守護六角氏の重臣であった。

 大森城には、布施淡路守公雄の子藤九郎公保が在城していたと伝えられ、六角氏没落後に公保は織田信長に仕え馬廻衆となった。

 公保の子布施友次は豊臣時代に出羽最上氏に仕えた。 尚、江戸時代に最上氏が大森陣屋を構えた地は、布施氏の大森城の平時の居館であった。


お城へのアクセス
鉄 道: 近江鉄道本線八日市駅〜バス/下大森
 車 : 名神高速八日市IC〜県道46号線
駐車場: 大森神社参拝者用の無料駐車場を利用。


ひとくち MEMO
自然地形を利用した大土塁に抱かれるように三段の曲輪があるお城。

滋賀県のお城
一覧表へ
トップページへ

近畿のお城
滋賀県京都府大阪府兵庫県奈良県和歌山県