近江 大河内氏城



お城のデータ
所在地 滋賀県甲賀市土山町鮎河字北山
遺 構 曲輪、土塁、石垣、堀切、横堀
形 式 山城 築城者: 大河内源太 築城年代: 長享年間


見 ど こ ろ

 大河内氏城は、鮎川公民館の北側正面の丘陵先端部を利用して築かれている。 野洲川とその支流が天然の堀の役目を果たす要害の地にある。

 城の縄張りは、丘陵山頂部に土塁が囲繞した主郭を置き、四方に放射状に伸びる尾根筋に階曲輪を配している。 主郭背後には、大堀切を設け背後の丘陵からの連なりを断ち切り、かつ主郭南側から西側にかけて横堀を廻した縄張りとなっていて、小規模ながら見応えのある一城であった。


歴     史

 大河内氏城は、長享年間に大河内源太により築かれ、以後大河内氏が代々居城していた。 


お城へのアクセス
鉄 道: JR草津線三雲駅〜バス/鮎河口
 車 : 新名神道甲賀土山IC〜国道1号線〜県道507号線
駐車場: なし。


ひとくち MEMO
主郭背後の大堀切から横堀へと防備を固めたお城。

滋賀県のお城
一覧表へ
トップページへ

近畿のお城
滋賀県京都府大阪府兵庫県奈良県和歌山県