近江 一色城



お城のデータ
所在地 滋賀県東近江市一式町
遺 構 なし。
形 式 平城 築城者: 一色相吉 築城年代: 不明


見 ど こ ろ

 一色城は、一式町の中心部が城域で、一式のバス停のある集会所に案内板がある。 道路を挟んで北側に見える若宮八幡神社が本丸跡と見られ、外側の現在道路辺りが堀跡とされている。

 神社の太鼓堂が建つところが、物見櫓があったところとされ、本丸内でも一段高くなっていて、今は大石による石垣が組まれていた。


歴     史

 一色城は、築城年代は定かでないが、一色相模守相吉によって築かれたと云われている。 一色氏は、足利泰氏の子公深が三河吉良荘一色を領して一色氏を称した。

 一色氏は、室町幕府四職家の一つで丹後・若狭・近江に一族が所領を得た。 一色氏没落後、戦国時代には六角氏の家臣松吉石見守重吉が居城し、六角氏滅亡と共に廃城となった。 


お城へのアクセス
鉄 道: 近江鉄道本線八日市駅〜バス/一式
 車 : 名神八日市IC〜国道421号線〜国道307号線〜県道170号線
駐車場: 一式集会所の無料駐車場を利用。


ひとくち MEMO
かつて物見櫓のあったとされる所には太鼓堂が建つお城。

滋賀県のお城
一覧表へ
トップページへ

近畿のお城
滋賀県京都府大阪府兵庫県奈良県和歌山県