播磨 淡河城



お城のデータ
所在地 兵庫県神戸市北区淡河町淡河
遺 構 曲輪、天守台、土塁、空堀、切岸
形 式 丘城 築城者: 淡河朝盛 築城年代: 不明


見 ど こ ろ

 淡河郵便局前の信号を南の山手へと入り、直ぐのT字路を左折して道なりに登ると、丘の上の一面水田の場所に出る。 この水田一帯が淡河城三の丸なのだ。

 左手の林が本丸、畑の中に模擬城壁があり、この辺りが二の丸。 注意しなければただの田園風景にしか映らないかもしれない。

 林の中の本丸は、西面と南面に内堀が今も残り、また本丸には矩形の天守台と呼ばれる段が築かれ、ここに淡河城の碑が建てられている。 また、本丸北側の竹林の中には土塁も残り、本丸の一角が僅かに淡河城の姿を今に伝えている。


歴     史

 淡河城の築城年代は定かではないが、鎌倉時代に北条時盛が子の朝盛に淡河荘を与えて、以後朝盛の子孫が淡河氏を称した。

 南北朝から室町時代にかけて、淡河氏は播磨守護赤松氏に属し、文明18年に東播磨8郡の守護代に別所則治が三木城に入ると、淡河氏は三木氏に従った。 天正7年、城主淡河定範は別所長治に従い、羽柴秀吉に攻められ落城した。

 淡河城は、淡河氏滅亡後有馬則頼に与えられ、則頼は15,000石を領して慶長5年まで居城した。 関ヶ原の戦功により、則頼が摂津三田に移り、淡河城は廃城となった。


お城へのアクセス
鉄 道: 神戸電鉄粟生線三木駅、神戸電鉄三田線五社駅〜バス/下河原
 車 : 山陽道神戸北IC〜県道38号線
駐車場: なし。


ひとくち MEMO
淡河の町を見下ろす丘の上に築かれたお城。

兵庫県のお城
一覧表へ
トップページへ

近畿のお城
滋賀県京都府大阪府兵庫県奈良県和歌山県