備前 乙子城



お城のデータ
所在地 岡山県岡山市東区乙子
遺 構 曲輪、土塁
形 式 山城 築城者: 宇喜多直家 築城年代: 天文13年


見 ど こ ろ

 乙子城は、吉井川が児島湾に流れ込む河口(現在の海岸線は南に後退)にある、大昔は児島湾に浮かぶ島だっだであろう小さな丘に築かれた城だ。

 山頂に本丸(きれいに整備されている)を置き、乙子大明神の境内が二の丸で、本の丸と二の丸の間にも数段の曲輪がある。

 この規模の小さな乙子城を守って宇喜多直家が、松田氏や四国の細川氏、そして海賊衆と戦い抜いた規模は小さいながらも、なかなか攻めづらい城であったのだろうと、一人納得。


歴     史
(現地案内板より)

 天文13年、宇喜多直家は、天神山城主浦上宗景に仕え、弱冠16歳で宇喜多家を再興し、乙子の地を与えられて乙子城を築城した。

 天文18年、直家は新庄山城へと居城を移し、弟忠家を城主とした。 永禄2年、沼城を手に入れた直家は沼城へと居城を移すと、忠家も沼城へと移り、乙子城には城番が置かれた。 その後、備前平定が進むと乙子城の価値はなくなり自然廃城となった。


お城へのアクセス
鉄 道: JR赤穂線西大寺駅〜バス/神崎口
 車 : 岡山ブルーライン西大寺IC〜県道8号線〜県道232号線
駐車場: なし。(大国神社からの登り口前に駐車スペースあり)


ひとくち MEMO
宇喜多直家が最初に城主となったお城。

岡山県のお城
一覧表へ
トップページへ 岡山市のHPへ

山陽・山陰のお城
岡山県広島県山口県鳥取県島根県