遠江 刑部城



お城のデータ
所在地 静岡県浜松市北区細江町中川
遺 構 曲輪、土塁、堀切
形 式 丘城 築城者: 不明 築城年代: 不明


見 ど こ ろ

 刑部城は、都田川北岸に沿って西から東へと半島状に伸びた丘陵の先端部を利用して築かれている。

 城の縄張りは、現在金山神社境内となっている曲輪、堀切を隔てて西側に主郭を配した小規模な城だ。 主郭は、竹藪と化しているが、土塁と井戸の遺構を確認することができた。


歴     史

 刑部城は、築城年代や築城者については定かでない。 戦国時代、今川義元の家臣新田美作入道が居城していた。 永禄11年、徳川家康は菅沼定盈や井伊谷三人衆を道案内として庵原忠良・長谷川秀匡らが守る刑部城を攻め落城させた。


お城へのアクセス
鉄 道: 天竜浜名湖鉄道多賀駅〜バス/落合橋
 車 : 新東名高速浜松いなさIC〜国道257号線〜国道362号線〜県道261号線
駐車場: なし。


ひとくち MEMO
堀切は残るが、主郭は竹藪と化してしまったお城。

静岡県のお城
一覧表へ
トップページへ

東海のお城
静岡県愛知県岐阜県三重県