紀伊 尾呂志城



お城のデータ
所在地 三重県南牟婁郡御浜町上野
遺 構 曲輪、土塁
形 式 平城 築城者: 尾呂志氏 築城年代: 室町時代初期


見 ど こ ろ

 尾呂志城は、尾呂志川東岸にある馬の背状の台地に築かれた城だ。 現在の尾呂志小学校敷地一帯が城域で、小学校北側の交差点脇に城の案内板があった。

 城の縄張りは、小学校建設で消滅しているため定かでないが、小学校東側と南側の道路が堀跡であったとか。 城の周囲には土塁が巡らされていたが、ほとんど除去されていたが、校舎西側に土塁の遺構が一部残されていた。 また、案内板の直ぐ側の民家前に「尾呂志城の的石」があった。


歴     史

 尾呂志城は、室町時代初期に尾呂志氏によって築かれた。 永禄年間に4代孫三郎の時に尾呂志公民館の場所にあった古城から小学校のところの新城へと移った。


お城へのアクセス
鉄 道: JR紀勢本線阿田和駅〜バス/尾呂志
 車 : 伊勢道勢和多気IC〜国道42号線〜国道311号線〜県道62号線
駐車場: 尾呂志公民館の無料駐車場を利用。


ひとくち MEMO
小学校前の民家に「的石」と呼ばれる石垣の一部がある。

三重県のお城
一覧表へ
トップページへ

東海のお城
静岡県愛知県岐阜県三重県