周防 大内氏館



お城のデータ
所在地 山口県山口市大殿大路(龍福寺)
遺 構 土塁
形 式 居館 築城者: 大内弘世 築城年代: 正平15年頃


見 ど こ ろ

 西国一の富と権勢を誇った大内氏の居館、堀と土塁に囲まれた百間四方の城域があったとか。 現在の龍福寺と住宅地となっていて、居館の面影は殆ど留めていない。

 龍福寺の山門脇の両脇に僅かではあるが土塁の名残を見ることが出来たが、今ひとつ「これぞ遺構」といえるものではなかった。


歴     史

 大内氏館は、正平15年頃大内弘世によって築かれた。 弘世がそれまで館のあった大内御堀から山口に移って以後、大内氏9代の居城となり、大内氏の領国は中国・九州地方まで及んだため、山口は西日本の政治経済の中心地となった。

 天文20年、重臣陶隆房が大内氏の重臣杉重知・内藤興盛らを味方にひきいれて謀反を起こし、山口の築山館に大内義隆を襲った。 義隆は山口を逃れて長門国美祢郡岩永へ落ち延び、長門深川の大寧寺にて自刃した。

 弘治3年、毛利隆元は大内義隆の菩提を弔うため、この館跡に龍福寺を建立した。


お城へのアクセス
鉄 道: JR山口線山口駅〜バス/豊栄
 車 : 中国道山口IC〜国道262号線〜国道9号線/上竪小路
駐車場: 龍福寺山門前の無料駐車場を利用。


ひとくち MEMO
西国一の戦国大名大内氏の居館。

山口県のお城
一覧表へ
トップページへ 山口市のHPへ

山陽・山陰のお城
岡山県広島県山口県鳥取県島根県